バードハウス ブログ

<< July 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

心配なヤマドリ

050 (800x600).jpg/>八ヶ岳山麓にはヤマドリが広範囲に生息していますが、通常ヤマドリに出会うことはなかなかできません。ましてやヤマドリを撮影することは非常に困難です。
ところが最近、困ったヤマドリというか、心配なヤマドリが出現しているのです。そのオスのヤマドリは縄張り意識が非常に強く、人に対する警戒心がまったくないため、人や車がヤマドリの縄張り内に入るとヤマドリが道路まで出てきて威嚇行動をするのです。人とヤマドリの距離は1m以内の至近距離です。帰ろうとして背を向けたとたんに背中を蹴飛ばされたこともありますし、帰る車のリヤガラスに体当たりをされたこともあります。
交通事故に遭うのではないか、カメラマンに見つかって大騒ぎになるのではないか、心配の種は尽きません。5月初めのころには長い立派な尾羽が2本あったのですが、今はありません。換羽時期でもないのに・・・、誰かに抜かれてしまたのか。
不本意ではありますが、人に対する警戒心を持つようにヤマドリを追い掛け回しているのですが、なかなか思うようになりません。
このヤマドリには長生きをして欲しいと願うばかりです。
今後、末永く見守っていくことになりそうです。083 (800x600).jpg
-
- | -

12月の八ヶ岳野鳥情報

IMG_4733(1).JPGこの冬は冬鳥がどこでも少ないようですが、八ヶ岳山麓も例外ではありません。
赤い鳥のオオマシコ、ベニマシコ、ハギマシコの情報が少ないのですが、コミミズク、シラガホオジロ、オオモズは来ています。
八ヶ岳名物のフクロウは、5~6個体は確認されていますが、なかなか明るい時間帯に現れてくれません。
-
- | -

フクロウウォッチング・シーズンは間近です!

P1030808(1).JPG八ヶ岳山麓では、冬になるとフクロウが昼間見られるようになります。
フクロウが見られる期間は、本格的には11月下旬頃からですが、お客様をご案内するフクロウ・ウォッチング・ツアーは12月から2月まで実施しております。
今冬がフクロウの当たり年か否かは、まだわかりませんが、もうすでにフクロウを見た人がいますので期待はできそうです。
昼間の明るい時間帯にフクロウを観察できる場所は、八ヶ岳だけです。
フクロウ・ウォッチング・ツアーを実施しているのも、八ヶ岳だけでしょう。
ぜひ一度フクロウ・ウォッチング・ツアーにご参加ください。
フクロウを見られる確率は80%以上です。
運の良い人は、一度のツアーで何羽も観察できることもあります。
フクロウ・ウォッチング・ツアーのお申し込みは、トップページのバードウォッチング・ツアーからお入りください。
-
- | -

Welcome !

P1000006.jpg

こちらは清里「バードハウス」のスタッフが発信するブログページです。
少しずつですが、野鳥のこと、当バードハウスの活動のこと、清里・八ヶ岳の季節の情報などを不定期に紹介していこうと思います。お楽しみに。
-
- | -